HOME>特集>社会福祉士になり介護を必要とする人々の助けとなる【生活を支える】

社会福祉士の概要

最近よく耳にするようになったのが、社会福祉士という仕事です。社会福祉士とは国家資格として認定されて初めて名乗れるものであり、全国で20万人以上が登録しています。その職務内容は、身体障害者や精神障害者など日常生活を送るのにサポートが必要な人々の相談に乗り、その解決策をアドバイスするというものです。福祉サービス業者と相談者の仲介としての役割を果たすこともあります。

社会福祉士になった後の就職先

社会福祉士は別名、ソーシャルワーカーともいいます。社会福祉士になると高齢者向けや障害者向けの福祉施設で働くことができます。それ以外にも保健機関や医療機関、地域包括支援センターなど様々な現場で活躍できるのです。

社会福祉士に向いている人

女子大学生

コミュニケーション能力の高い人

社会福祉士になると老若男女問わず様々な人から相談を持ちかけられます。相談者の状況に応じて適切な制度を紹介したり、サポート体制を整えたりする必要があるため、高いコミュニケーション能力が必要です。

常に勉強する意欲のある人

社会福祉士は、社会福祉制度に精通する必要があります。例えば、医療機関に勤めた場合には、一般的な医療制度のみならず高齢者向け保険や障害向け保険、児童向け保険などについての知識も必要です。制度は時代の流れに応じてどんどん改変されるため、常に最新の社会福祉制度について勉強する姿勢が求められるといえます。

冷静に物事を判断できる人

社会福祉士になると様々な相談をもちかけられます。そのため、その内容を冷静に捉え、どのような解決策を提示するのがベストか、どのようなアドバイスをするのが相応しいのかをきちんと判断できる力が必要です。

社会福祉士になり介護を必要とする人々の助けとなる【生活を支える】

大学生

社会福祉士になる方法

社会福祉士になるためには、大学や短大に入学する、専門学校のような養成施設へ入学する、指定施設で実務経験を積むといった方法があります。いずれの方法を選択した場合でも、最終的に国家試験に合格しなくては資格取得ができない点に注意が必要です。社会福祉士になるサポート制度に優れた学校を選択できるように、しっかりと学ぶ施設を比較検討する姿勢が大切です。

広告募集中